相馬裕子のTHE UTOPIA(ユートピア)は副業詐欺?資産運用アプリが怪しい偽物?

相馬裕子 THE UTOPIA(ユートピア)

相馬裕子THE UTOPIA(ユートピア)で世界最速FIREを実現!?

こんにちは!ダンレポート管理人のダン松本です。

お決まりのパターンを引っ提げて、THE UTOPIA(ユートピア)という相馬裕子という女性が発起人の投資ツールの案件が再始動したみたいです。

この案件は典型的な悪徳ツール販売の手口なので、この手口さえ知っていれば容易に見極めることが出来ます。

手口が同じものの一例としては以下の様なものがあり、

川端理恵 SHIFT PROJECT(シフトプロジェクト)
梅本千穂 Monster(モンスター)
森永純一 REVERSE(リバース)
IBIZA(イビザ)

投資以外のものでは

成瀬せな CHARITY(チャリティ)
稲葉直人 アトリエ(ATELIER)
藤原茜 RISE PROJECT(ライズプロジェクト)

などといったものがありますね。

共通するその手口は利益が加算されるようにプログラムされたデモアプリで稼げるように見せかけて、全然稼げない本ツールを売りつけるというものです。

THE UTOPIA(ユートピア)の怪しい点やバックエンド商材など順を追って解説していくので、その手口について頭に入れておきながら読んでみて下さい。

ダン松本LINE追加①
目次

相馬裕子のTHE UTOPIA(ユートピア)概要

何もすることなく毎日最低1万円、毎月最低50万円とお金だけが増えていき、世界最速でFIREを実現するというTHE UTOPIA(ユートピア)

発起人の名前は【相馬裕子(あいばゆうこ)】となっていて、『そうま』ではないですね。

THE UTOPIA(ユートピア)は何もすることなく稼げるという事で、

相馬裕子 THE UTOPIA(ユートピア)誰でも出来る

上記不要で完全にお任せで勝手にお金が増えていくと書かれてます。

お金を稼ぐ方法は『労力を使って稼ぐ』か『お金に稼がせる』かのどちらかになるんですけど、

労力を使うのは知識・スキル・時間、これは最低限必要な要素になるので、それらを必要としないならお金に稼いでもらう=お金が必要、これは鉄則だと思ってくださいね。

ランディングページの話に戻すと、以下のような注意書きがあります。

相馬裕子 THE UTOPIA(ユートピア)注意書き

まず某メディアに特集された関係上、サーバー負荷分散のために募集時間に制限を設定しているらしいですが、これは逆効果です。

宮原唯 REGROWTH PLAN(リグロースプラン)

↑の案件でも同じような事が書いてあって、サーバー負荷を考慮するなら時間制限は逆にアクセス集中を招いて逆効果だというのは↑の検証記事で指摘してたんですけど、案の定、時間限定募集と言いつつ追加募集をする為の口実に使ってきました。

しかもこのTHE UTOPIA(ユートピア)は既に何度か募集を行っている案件なので、それが分からないハズもなく改善されてないという事になる、つまりは意図的にサーバー負荷を増やす口実を作っているという事になりますね。

つまりは限定という言葉で判断力を削ぎ、購入を焦らせる目的でやっているという事です。

また実績も自社モニターを使った結果で表記されてますが、2022年7月以前に利用者を募集しているわけですからその実績を用いていない時点で信憑性は無いと言えますね。

相馬裕子のTHE UTOPIA(ユートピア)は何の投資?

相馬裕子氏のプロフィールには、株やFX、不動産投資で資産構築に成功したとあるので、投資家だったことは明らかです。

なのでTHE UTOPIA(ユートピア)も投資による資産運用を行うアプリだと予想出来るし、

相馬裕子 THE UTOPIA(ユートピア)超巨大金融市場

とあるように、24時間365日市場が動く超巨大市場というキーワードから、仮想通貨投資の可能性が高いと推察出来ます。

まぁ推察しなくても、↓

相馬裕子 THE UTOPIA(ユートピア)仮想通貨FX?

この画像を見れば『BTC/JPY』『買い/売り』の文字があるので、少なくともビットコインを含む仮想通貨のFXだという事は判断できます(仮想通貨BOは利益の金額を見れば否定されるので除外)

そんなTHE UTOPIA(ユートピア)はランディングページには他にも参加方法とか色々書いてますけど、注意すべきものはもう一点、“まずは使うことなく無料でアプリをご体感ください”というところ。

この無料アプリというのが果たして本当に実物と同じ性能で同じ利益を出すことが出来るのか?そしてしっかり相場と相互関係のあるトレードにより相互関係のある取引によって利益が出るのか?という事。

それこそがTHE UTOPIA(ユートピア)の様な案件の真偽を見抜くポイントになります。

という事で早速登録して使ってみました。

(と言っても、慣れればランディングページを見ただけで判断できるんですけど)

相馬裕子のTHE UTOPIA(ユートピア)登録してみた

相馬裕子氏のTHE UTOPIA(ユートピア)に登録してアプリを使うと共に情報を仕入れてみました。

やはりアプリはプログラムによって利益を加算させているだけの玩具でした。

バックエンドにはあり得ないものにお金が掛かるので、要チェックですよ。

相馬裕子のTHE UTOPIA(ユートピア)アプリ

まず、THE UTOPIA(ユートピア)のアプリについて。

相馬裕子 THE UTOPIA(ユートピア) ログイン情報

ログイン情報はランディングページで登録したメールアドレスと、指定された【0000】というパスワード。

とはなっているものの、これはデタラメでもログイン出来ます。整合性は不要。

相馬裕子 THE UTOPIA(ユートピア) ログイン画面

ここに登録したメールアドレスじゃないどころか○○@○○と何か文字の間に@さえ入っていればOKで、パスワードも1桁の数字でもOK。

本当に仮想通貨市場を使ってデモ取引を行う場合、たとえデモ取引であっても口座アカウントは必要です。しかし、こんな杜撰なログイン画面であれば、その口座自体ない事になるので、市場との繋がりは無い事が明らかです。

相馬裕子 THE UTOPIA(ユートピア) 管理画面

『買い(LONG)』や『売り(SHORT)』のボタンがあるものの、操作も出来ず、特定の時間に利益確定の通知が届いて確認すると利益が出ているというもので、単純に特定の時間になったら利益として加算されるプログラムで動いているだけ、実際に運用して出した利益ではないです。

相馬裕子のTHE UTOPIA(ユートピア)プロジェクトは無料?

相馬裕子氏のTHE UTOPIA(ユートピア)プロジェクトは、

相馬裕子 UTOPIA LOUNGE(ユートピア・ラウンジ)1円も受け取らない

とあるように、如何にも無料かの様に書かれてます。

ただ、相馬裕子氏のご挨拶の様に書かれている↑の文言の前後、その挨拶文の冒頭の自己紹介では相馬裕子(そうまゆうこ)とふりがなが書かれてます。本人であれば自分の名前の読みを間違うはずがないというか、ふりがなをひらがなでそうまと入力するなんてあり得ない事なので、これはスタッフ若しくは外注先が書いたものという事は明らかです。

で、肝心なのがお金が掛からないのは

  • プロジェクトの参加費用
  • 有料のオンラインサロンへの勧誘
  • アプリやツールなどの販売

これらは要求しないし、相馬裕子氏は1円も頂かないという事。

つまりはそれら相馬裕子氏の利益となる事ではお金は掛からないけど、それ以外では掛かるという事が隠れているんですよ。

UTOPIA LOUNGE(ユートピア・ラウンジ)

THE UTOPIA(ユートピア)の正式版のツールを利用するには、相馬裕子氏が作ったUTOPIA LOUNGE(ユートピア・ラウンジ)というものに参加する必要があります。

相馬裕子 UTOPIA LOUNGE(ユートピア・ラウンジ)

実質無料で参加出来るとし、募集開始から30分以内に参加した方の中から抽選で100人に初期投資資金10万円をプレゼントとなってます。

相馬裕子 UTOPIA LOUNGE(ユートピア・ラウンジ) 初期投資金10万円プレゼント

それに漏れた場合は10万円の作り方を教えるという事ですが、THE UTOPIA(ユートピア)は運用資金が10万円必要なので実質無料(という事はお金が掛かる)というのは話が違います。

先程出た項目ではお金は掛からないというものの、今後何十年と運用する為に強固なセキュリティを導入しなければならないという事で、そのセキュリティ費用が掛かるという話になります。

相馬裕子 UTOPIA LOUNGE(ユートピア・ラウンジ) セキュリティ費用98000円

その金額は98,000円

このセキュリティ導入費用というのが明らかにおかしい話なんですよ。

相馬裕子のTHE UTOPIA(ユートピア)は詐欺?

THE UTOPIA(ユートピア)はセキュリティ費用が掛かるというのは分かりました。

そもそもの話、お金が掛かる事自体が詐欺という事はないです。

資本主義国家である日本国内に於いて、お金が掛かるというのは本来当たり前の事。

ただ、UTOPIA LOUNGE(ユートピア・ラウンジ)の参加に必要なセキュリティの導入費用というのは明らかにおかしいんですよ。

セキュリティというのは仮想通貨というのはブロックチェーンという最高レベルのセキュリティで既に守られていて、必要なセキュリティと言えば取引所が要するハッキングなどの対策です。

それらは取引所側がインフラとして整備すべきものであって、利用者がお金を払って導入するようなものではないんですよ。

コインチェックなどハッキング被害に遭った取引業者が、セキュリティ強化費用として口座開設者にその費用を請求したなんて話は無いですし、そんなことは出来るわけがないんですよ。

銀行にお金を預けるのにセキュリティ費用を要求されるのと同じような話ですよ。

という事は、このTHE UTOPIA(ユートピア)自体が取引所として独立していて、本来利用者にとっての安全を守るために導入しておかなければいけない事を導入せずに有料オプション化しているという事になる。

そんなデタラメな事をやる取引所を信用出来ますか?私は絶対無理ですね。

で、取引所というのは勝手に作って運営して良いものじゃないので、THE UTOPIA(ユートピア)は取引所ではなく単なる運用アプリでしょう。

4通貨ペアだとか5種類のAIだとか言ってますが、セキュリティを有料オプション化してそれが参加条件にしている時点で話が根本的におかしいんですよ

THE UTOPIA(ユートピア)はそれに気付けない、仮想通貨の知識を持たない層をターゲットにした悪質な案件と言えますね。

つまり、詐欺として成立してもおかしくないレベルなんじゃないかと私は見ています。

相馬裕子のTHE UTOPIA(ユートピア)まとめ

というわけで、相馬裕子氏のTHE UTOPIA(ユートピア)が本当に稼げるシステムなのであればシステム料として請求すれば良いだけの事。

それを非常識且つありえないところで費用が掛かると言っている時点で詐欺と言ってもおかしくはない話ですよ。

セキュリティというのはお金を預けたり運用したりする上で最低限保証されなければならないもので、お金を払って保証してもらうものじゃないんですよ。

なのでTHE UTOPIA(ユートピア)は一切信用できないと言えますね。

ダンレポ 悪徳商材に注意

世の中には事実と明らかに異なるような謳い文句で広告し、

粗悪な情報商材・システム・ツールなどを販売する

悪徳な副業案件が沢山出回っています。

私の体感では95%以上、1日平均3~5件は新しいものが出てきています。

その全部をブログに取り上げることは出来ないので、

ブログで取り上げていない副業案件で気になるものがあれば

被害に遭う前にLINEで相談してください。

本当に稼げるネットビジネスも教えます。

ダン松本LINE追加②
ダン松本 LINE追加
目次