Supporter’s Family

サポーターズファミリーは給付金詐欺!?石原あおいの630万円の受給話は大嘘!?

2022-06-30

Supporter’s Family(サポーターズファミリー)は申請するだけで630万円!?

こんにちは!ダンレポート管理人のダン松本です。

かなりヤバそうな案件が出て来ました!

石原あおい】という人が案内アナウンサーを務める、

Supporter’s Family(サポーターズファミリー)

言っている事がコロナ禍真っ只中に大流行した支援金詐欺と何ら変わりなくて、

最初に見た時はつい笑ってしまったくらいです。

とは言え相当ヤバそうな案件なので、強めに注意喚起しておきます。

俺的に危険と判断出来るポイントを順を追って解説していくので、

支援金・給付金詐欺被害を防ぐ参考になればと思います。

ダン松本LINE追加①

Supporter’s Family(サポーターズファミリー)とは?

3つの給付条件を全て満たしてさえいれば平均630万円の給付金が受け取れるという

Supporter’s Family(サポーターズファミリー)

  • 日本人であること
  • 18歳以上であること
  • 住民票があること

たったこれだけの条件を満たせば給付金を受給できるという、

よくある給付金詐欺が言いそうな事がこの後もどんどんと出て来ます。

しかも本日中に申請すれば今月末には630万円全額を一括支給してくれるとなっていますが、

ランディングページだけではなく、動画も用意してあるという事で、

逆に興味を持ってしまいました。

Supporter’s Family ビジネスでも投資でもない

ビジネスでも投資でもなく、あくまでもお金を給付する為の情報と言い張っていて、

今まで稼げないネットビジネスや投資話騙されてお金を失ってきた方こそ申請すべき内容と。

但し、期限が迫っているという事で、だいぶ急かしてきています。

Supporter’s Family 期限間近

ここまではホントありきたりな給付金詐欺と変わりない事しか言っていないのですが、

ランディングページも動画もあるというのはあまりにも堂々とし過ぎているので、

もしかしたら違うのかもしれない、もう少し確実性のある根拠が欲しいと思い、

危険を承知の上で登録してみました。

サポーターズファミリーに登録してみた結果w

登録して動画を見てみましたが、給付金詐欺の典型的な手口を

ただ単に案件化しただけっぽいです。

ランディングページの申請項目にある名前とメールアドレスを入力して

申請ボタンを押してみると、

Supporter’s Family 警告

警告ってw

重要!とかなら分かりますが、ランディングページに氏名とメールアドレスの入力欄しか置いてないのに、

警告を出してLINEの追加まで要求してきます。

警告とか言っておきながら、LINEアカウントを持っていない人の為に、

しっかり動画も準備してあります。

意味不明です。

LINEを追加すると案内アナウンサーの【石原あおい】と名乗る女性?から

結局動画を見るように誘導されます。

この石原あおいというのはランディングページにある特商法に記載された案内担当者と同じですね。

サポーターズファミリーの動画の内容

Supporter’s Family(サポーターズファミリー)の動画を確認してみると、

結局支援金詐欺の内容を詳しく説明しているだけでしたw

サポーターズファミリーの支援者の数がデタラメ過ぎる

まず、平均630万円というサポート金の金額の根拠ですが、

この支援金活動を行っているとするポータルサイトの月間アクティブユーザーが

6300万人以上いるという事かららしいです。

アクティブユーザーというのが支援者の数の事ですね。

Supporter’s Family サポーター6300万人

1人1000円~1万円という事から、1000円×6300万人=630万円。

この時点で失笑してしまいました。

(こいつ日本の総人口が何人か凡そすら知らないのか?)

現在統計が出ている最新の時点で、日本の総人口は1億2500万人を割っています。

つまり、6300万人のアクティブユーザーというのは日本人口の半数以上。

ここで何故世界ではなく日本国内に限定して話しているかというと、

この給付金の救済の目的がコロナ禍でより一層日本が貧困に向かっているから

という理由で語られている為です。

世界で見ても富裕層と呼ばれる資産1億円以上の人は約2000万人と、

6300万人とは程遠い数字なので、この際どちらでも良いのですが、

世界で見るのであれば、日本よりも救済すべき国がもっと沢山ありますよね。

更に日本に限定する理由を述べるのであれば、

その支援者の目的が税金対策である事。

所得税課税の対象は日本国内に限定されるので、

その目的であれば日本に限定してみるしかないわけです。

で、日本に6300万人(総人口の半数以上)が支援者なのであれば、

労働人口ではない未成年を除けば大半が支援する側の富裕層という事になります、

いいえ、なりません。

ならないというか事実全く違いますよね。

もうこの時点で嘘がヒドイw

サポーターズファミリーの支援目的は税金対策というのは嘘

Supporter’s Family(サポーターズファミリー)の支援者が

何故支援しているのかという理由については、

先程も触れましたが税金対策だとされています。

所得税として取られるくらいなら、慈善活動に利用した方が良いと。

聞こえは良いですよね。

ただ、これは大きな間違いで、この寄付では税金対策にはなりません。

それは何故か?

確かに所得税には寄付金控除というものがあります

ですがそれは地方公共団体や政治団体、教育や文化に関する機関などなど、

国が認めた公共の利となる活動を行っている団体に寄付をした場合に限っての話。

Supporter’s Family(サポーターズファミリー)の様な個人を支援対象とするものが

寄付金控除の対象にはなりません

つまり、理屈そのものが成立しないわけです。

ただ、それが完全無料で支援しますよという話なら

個人情報の取得目的やリスト作成してのそのリスト転売や

他の詐欺案件にそれを利用するなどという事も考えられますが、

Supporter’s Family(サポーターズファミリー)自体が詐欺とは言えないでしょう。

でもSupporter’s Family(サポーターズファミリー)詐欺なんです。

Supporter’s Family(サポーターズファミリー)は申請有料

Supporter’s Family 申請料1万円

Supporter’s Family(サポーターズファミリー)は給付金の申請に料金が掛かります。

それが1万円

Supporter’s Family 申請料1万円以外かからない

追加で費用は掛からないと言っていますが、まぁ妥当でしょう。

1万円くらいの被害だと、弁護士を立てて返金要求などといった事も出来ない

(弁護士費用の方が高くつく上、あまり低額だと弁護士も稼ぎにならないので相手にされない)

ので、泣き寝入りするしかないです。

運営サポートの人物も案内役の石原あおいという人物しか出てきてないですし、

その素性も全く不明。本名ですらないと思います。

素性が追えない以上、接触のしようもないので手の打ちようがありません。

サポーターズファミリーは詐欺なので判断を急かしている

Supporter’s Family 先着100名限定

月末ギリギリに今申請すれば月末に給付金が振り込まれるとか、

先着100名限定とか、とにかく急かしてきてますよね。

更には既に370名以上から問い合わせが来ていると。

これは本人が詐欺と気付かなくても周りが詐欺とすぐに分かるので、

冷静さを取り戻す前に申込させてしまおうという魂胆が見え見えです。

結論:Supporter’s Family(サポーターズファミリー)は詐欺

Supporter’s Family(サポーターズファミリー)の様に

ここまで露骨な詐欺が案件としてランディングページや動画などを作成しているというのは

非常に珍しいケースですね。

多分これを読まれている方も、詐欺だという事にはすぐに気づいたと思いますが、

これは支援金詐欺というものの典型的な手口を表面化したもので、

SNSなどではこういった話は山ほどあり、

被害に遭った方からの相談だけでも多数受けています。

また、支援金詐欺のメールが送られてきて

これは信じても良いものか?と聞いてくる方もかなり多くいます。

お金に困っている時というのは怪しい話でさえ縋りたくなってしまうものです。

冷静な判断が出来なくなった時は遠慮なく相談してください。

ダンレポ 悪徳商材に注意

世の中には事実と明らかに異なるような謳い文句で広告し、

粗悪な情報商材・システム・ツールなどを販売する

悪徳な副業案件が沢山出回っています。

俺の体感では95%以上、1日平均3~5件は新しいものが出てきています。

その全部をブログに取り上げることは出来ないので、

ブログで取り上げていない副業案件で気になるものがあれば

被害に遭う前にLINEで相談してください。

本当に稼げるネットビジネスも教えます。

ダン松本LINE追加②