ダン松本への相談や問い合わせはこちら

長瀬裕也のティンバーベル(Timber BELL)は稼げないバイナリーオプションツール?ハイローは安全?【株式会社テクノワン】

鈴木宗久 Timber BELL-ティンバーベル-

Timber BELL-ティンバーベル-】はハイローで使うバイナリーオプションサインツール!?

こんにちは!ダンレポート管理人のダン松本です。

鈴木宗久という人がYouTubeチャンネルでも紹介している【Timber BELL-ティンバーベル-】というバイナリーオプションツールについて今回解説していきます。

目次

Timber BELL-ティンバーベル-結論から

鈴木宗久氏が紹介している【Timber BELL-ティンバーベル-】ですが、結論から言うと【Timber BELL-ティンバーベル-】というシステムそのものについては良し悪しの判断は出来ないですが、販売業者等にかなり怪しい点があるので私的にはやめておいた方が良さそうという判断です。

Timber BELL-ティンバーベル-概要

鈴木宗久 Timber BELL-ティンバーベル- 過半数が100万円以上の実績

たったの2週間で参加者の過半数が100万円以上稼いだ実績があるという【Timber BELL-ティンバーベル-】。

ランディングページTOPの方では、

鈴木宗久 Timber BELL-ティンバーベル- こういうビジネスではない

などとよくある副業案件の様に何で稼ぐのかを言わないスタイルなのかと思いきや、その後あっさりとバイナリーオプションというワードが出て来ます。

鈴木宗久 Timber BELL-ティンバーベル- 年齢不問

年齢一切不問となってますけど、バイナリーオプションは未成年では口座を作れないので一切不問という事はないハズです。

Timber BELL-ティンバーベル-はバイナリーサインツール?

Timber BELL-ティンバーベル-】のランディングページ序盤は何で稼ぐのかというのをあやふやに表現してますが、埋込動画のあたりからいきなりオープンになって、バイナリーオプションのツールという事が明かされてますね。

鈴木宗久 Timber BELL-ティンバーベル- シストレを勧める理由

バイナリーオプションのツールってつい数年前に大学生の間でUSBに入れたツールソフトを高額で販売するMLMの様なものが流行って問題になりましたよね。

あれも稼げないツールだったからあそこまで問題になったわけですが、鈴木宗久氏はそれでも自信があるから勧めていると言ってます。

バイナリーオプションのツールと言っても、自動エントリーツールとサインツールがありますが、バイナリーオプションのツールの場合は自動エントリーツールは取引所が禁止しているので基本的に使えません。

サインツールならエントリーは自分でやるので大丈夫なんですけど、【Timber BELL-ティンバーベル-】はランディングページ下の方にある1日勝率画像というところに“Timber BELL-ティンバーベル-サインツール”と書いてあるのでサインツールで間違いなさそうですね。

Timber BELL-ティンバーベル-が解決してくれる悩み(重要)

また、【Timber BELL-ティンバーベル-】が払拭してくれる悩みとして紹介されているのが、

~「稼げる」と言うのなら 「無料で一回使わせてくれ」と思ったことがある~

2週間完全無料で、稼げるかお試ししていただきます

~収入を増やしたいけど、いきなり教材を買うのは怖い~

2週間の無料お試し期間があるので、自身で納得してから参加が出来ます

~月収100万円を副業で目指せると紹介されたことがある~

常に最新を追い続けるので「稼ぐ」を「継続」することが出来ます

~高額セミナーに参加したのに結果が出なかった~

Timber BELL-ティンバーベル-は再現性の高いノウハウを多数採用しているので「難しくて出来ない」がありません

~収入は増やしたいけど、労働以外の稼ぎ方がわからない~

今あなたが見ているTimber BELL-ティンバーベル-は再現性が高く、「稼ぎ方がわからなくても稼げてしまう」のが特徴です

難しくない稼げるツールを2週間無料で体験できるという、非常に良心的な話に見えますが、これは後程出てくる話に関わってきそうな重要な要素なので要チェックです。

Timber BELL-ティンバーベル-はハイローを使用

Timber BELL-ティンバーベル-】はバイナリーオプションのサインツールだという事は分かりましたが、よくあるのが取引所とか一切不明で本当にBETしてるかすら怪しい(というか多分してない)ツールとは違って、ちゃんとしたサインツールではあるようです。

動画の中で取引所が分かるんですけど、分かり易い所でYouTubeのサムネから、

鈴木宗久 Timber BELL-ティンバーベル- ハイロー

↑の画像の右上に【HIGH LOW】ってありますね、ハイローはバイナリーオプションでは世界一有名な取引所と言えるところです。

以前はハイローオーストラリアという名称でしたが経営元が変わってハイローになってます。

ハイローオーストラリア時代には金融庁から無認可による警告を受けて日本在住者向けのサービスを停止したこともあったんですけど、問題なく使えてはいましたし今は寧ろ日本語対応も前より良くなってます。

日本で無認可の取引所は危ないという人もいますけど、無認可なのが危険というわけではないです。

無認可の中には危ない業者も多くあるというだけで、ちゃんとしたところはちゃんとしてますし、逆に日本の法律は厳しすぎるので、世界基準の投資では認可は降りないですね。

但し、だからと言ってハイローが絶対に安全というわけではないです。

というのも、バイナリーオプションそのものは外国為替市場で直接行われるものではなく、取引所対顧客の勝負なので、取引所からしたら顧客に勝たれてはマイナスなんですよ。

なのであまりに勝率が高かったり、勝ち額が大きかったりすると口座凍結されることもあります。

おおよそで1000万以上累計利益が出ていると口座凍結されるという話があり、実際に凍結された人もいます。

さらにバイナリーオプションは自動エントリーツールなどを禁止ている所が殆どで、それもバレたら口座凍結です。

取引所側もツール対策はかなり厳しくやってるので、バレないツールというのは殆ど無いですね。

鈴木宗久は鈴木剛史と同一人物?

鈴木宗久氏の顔は見たことあるなとは思ったんですが、LINE登録の際にハッキリしました。

LINE登録時に表示される名前が『金剛バイナリー鈴木』、LINEアカウント名は『マネーコンサルタント 鈴木』となってるんですが、金剛バイナリーというワードで同じバイナリーオプションのツール【金剛夜叉システム】を売ってた人だって思い出しました。

金剛夜叉システム】はYouTubeでも動画を出してるので見たことがある人もいるんじゃないでしょうか。

ただ、【金剛夜叉システム】を扱っていた際は鈴木宗久という名前ではなく、鈴木剛史という名前で活動してたんですよ。

Timber BELL-ティンバーベル-】と【金剛夜叉システム】は次項で触れる理由から鈴木宗久氏もろとも名前を変更しただけで中身は同じである可能性が高そうですね。

ちなみに【金剛夜叉システム】に関しては何故か「どうなんでしょうか?」という問い合わせはやたら多かったものの、使ってみての感想は少なかったです。

という事は実際に使って見たら良かった?聞くまでもなく優秀?って思うかもしれませんが、数少ない感想は芳しくない(全く勝てないとかではない)という話でした。

良くも無いが悪すぎもしないといったところですかね。ちょっとその辺は情報不足です。

【鈴木剛史】金剛夜叉システムの販売会社がヤバかった?

さて、鈴木宗久氏が鈴木剛史名義で販売していた【金剛夜叉システム】ですが、その販売業者となる『株式会社システック』という会社がどうやら曰くのある会社だったみたいです。

株式会社システック』という会社は、元々『株式会社ビズビジョン』という求人広告を扱う事業をやっていたみたいです。

それに関しては法人情報から事実であることは調査済みなんですけど、どうやらよろしくない運営をやってたみたいなんですね。

まず、3週間の求人広告の無料掲載の電話勧誘を行った上で契約を交わし、その契約上分かりにくいように自動更新であることを告知、気付かなかった顧客に対し更新後の掲載料を請求するというものだったようです。

この求人広告詐欺と呼ばれる手口は結構流行っていたみたいで、他にも何社も同様の手口で数十万円の掲載料を請求してたみたいですね。

一応求人広告詐欺とは言われてたみたいですが、分かりづらいながらも告知自体はある以上、詐欺事件として立件するのは難しいとしてかなり揉めたようです。

そんな事をしていた会社が【金剛夜叉システム】を販売していたようですが、【金剛夜叉システム】の販売時期と『株式会社ビズビジョン』から『株式会社システック』に社名変更した時期の前後関係までは分かりませんでした。

Timber BELL-ティンバーベル-は詐欺?

それを踏まえた上で思い出してください。

Timber BELL-ティンバーベル-】の募集に際して鈴木宗久氏はお試し2週間完全無料で募集をしてましたよね。

お試し完全無料は求人広告詐欺にもありました。

鈴木宗久氏が鈴木剛史名義で販売していた【金剛夜叉システム】は『株式会社システック』という会社が販売していましたが、【Timber BELL-ティンバーベル-】は『株式会社テクノワン』という別の会社が販売しています。

でもまだ安心するのは早いですよ。

株式会社テクノワン』の所在地は“神奈川県横浜市中区翁町2-8-5関内エメラルドビル302

求人広告詐欺の『株式会社ビズビジョン』の所在地は登記から3回変更があり、3件目の住所変更地で『株式会社システック』へと社名変更をしてるんですが、2つ目の所在地がなんと、“神奈川県横浜市中区翁町2-8-5関内エメラルドビル302”、つまり【Timber BELL-ティンバーベル-】の販売会社『株式会社テクノワン』と全く同じなんですよ。

一応この住所は賃貸オフィスという事で他にもこの住所を使っている業者はあるんですが、これ、偶然だと思いますか?

Timber BELL-ティンバーベル-はまとめ

というわけで、鈴木宗久氏の【Timber BELL-ティンバーベル-】のシステムそのものに関しては情報不足という事ではあるんですが、無料の2週間を過ぎた後に何が起こるか分からない危険性があるので私はやろうとは思わないですね。

利益を出したところで使用料として持っていかれては意味が無いですからね。

ダンレポ 悪徳商材に注意

世の中には事実と明らかに異なるような謳い文句で広告し、粗悪な情報商材・システム・ツールなどを販売する悪徳な副業案件が沢山出回っています。

私の体感では95%以上、1日平均3~5件は新しいものが出てきています。

その全部をブログに取り上げることは出来ないので、ブログで取り上げていない副業案件で気になるものがあれば被害に遭う前にLINEで相談してください。

本当に稼げるネットビジネスも教えます。

ダン松本LINE追加①
ダン松本 LINE追加
目次