SwipeWire Company (スワイプワイヤーカンパニー)の優良在宅ワークは口座情報を抜かれる危険な案件!?その内容を解説【危険】

SwipeWire Company (スワイプワイヤーカンパニー)の優良在宅ワークは口座情報を抜かれる危険な案件!?その内容を解説【危険】

こんにちは!ダンレポート管理人のダン松本です。

今回はSwipeWire Company (スワイプワイヤーカンパニー)の優良在宅ワークについて解説していきます。

結論から言うと、最初から銀行口座情報を提供する必要があり犯罪に巻き込まれる危険性もあるかなり危険な案件となっており手を出してはいけない案件です。

当サイトでは【副業詐欺】、【投資詐欺】、【怪しい】と思われるネットビジネスや稼げる系の案件を、今まで数百種類以上の商材や案件を見てきた私が実際に登録や調査を行った上で解説しています。

どの案件でも【稼げるor稼げない】、【優良or悪質】となる根拠をしっかり載せるようにしていますので、最後までしっかり記事を見て判断してください。

もしあなたが気になっている案件や、本当に稼げる情報を探していたら、LINEで私に連絡してみてください。

副業やネットビジネスに関するアドバイスや優良案件の共有などをできます。

1対1で相談を受け付けており、できる限り早く返信しますので、お気軽に連絡してください。

ダン松本LINE追加①
目次

優良在宅ワークの内容について

SwipeWire Company (スワイプワイヤーカンパニー)の優良在宅ワークは口座情報を抜かれる危険な案件!?その内容を解説【危険】

優良在宅ワークはLINEを使ってスマホさえあれば誰でも簡単に副収入を得られると書いてある副業系の案件を思わせます。

優良在宅ワーク SwipeWire Company (スワイプワイヤーカンパニー)

表記ミスしているのか意図的にスキップしているのかわかりませんが、LINEから友達登録を行えば報酬がゲットできるような記載があります。(ステップ2~3はあるのかないのか不明)

優良在宅ワーク SwipeWire Company (スワイプワイヤーカンパニー)

見た感じLINEから副業情報が送られてくるとの記載がある為、オプト系の怪しい商材を送り付けてくる危険性を感じます。

優良在宅ワーク SwipeWire Company (スワイプワイヤーカンパニー)

また期間限定で何かしらのプレゼントを進呈中だそうですが、恐らくそういったものはないでしょう。

このような具体的にどうやって稼ぐのかを一切書かず、【誰でも簡単に稼げる】という話ばかりのセールスページは詐欺案件か宣伝だけの案件である可能性が高まりますので覚えておきましょう。

優良在宅ワークの特商法について

優良在宅ワーク SwipeWire Company (スワイプワイヤーカンパニー) 特商法

優良在宅ワークには特商法ページが存在します。

販売者名SwipeWire Company [スワイプワイヤーカンパニー]
住所9th Floor JGRC Building ,Rm 301 ,306 General Maxilom Avenue Cebu City ,Philippines 6000
販売責任者鈴木 修(CEO)

しかし販売価格等の情報は載っておらずただのメルマガ配信を予感させますが、フィリピンの会社であるSwipeWire Company (スワイプワイヤーカンパニー)が販売者として記載されています。

良い悪い問わず海外の会社には注意が必要です。

もし金銭トラブルに発展した際は、泣き寝入りするしかなくなります。

したがってこの時点で手を出すべきではないと思うべきです。

優良在宅ワークに実際に登録してみる

実際に優良在宅ワークに登録してみます。

登録してみると【総合サポート:相談受付窓口】というLINEアカウントに誘導されます。

総合サポート:相談受付窓口 LINEアカウント名

【総合サポート:相談受付窓口】というLINEアカウントからは以下のように別のLINEアカウントに再誘導されました。

総合サポート:相談受付窓口 LINEアカウント 通知

そもそも副業情報を送ってくる話でしたが、そんなものは無視され、なんだかお金が貰えそうな雰囲気だけが出ている怪しい通知です。

再誘導されたLINEアカウントは【補助金・助成金:臨時給付窓口】というLINEアカウント名となっていました。

補助金・助成金:臨時給付窓口 LINEアカウント名

【補助金・助成金:臨時給付窓口】というLINEアカウントからは以下のような通知が送られてきます。

補助金・助成金:臨時給付窓口 LINEアカウント名 通知内容

担当の小暮と名乗る人物から赤松という人物から50万円の振り込みを行うという内容となっていて、口座情報を提供するように連絡があります。

はい、この時点で詐欺案件確定です。危険でしかありません。

絶対に口座情報を教えてはいけません。

口座情報を提供する必要が=悪用される危険性大

SwipeWire Company (スワイプワイヤーカンパニー)の優良在宅ワークは副業情報を提供してくると思っていたらお金を振り込むから口座情報を教えてくれという連絡があります。

絶対に口座情報は教えてはいけません。

口座情報を教えたからと言って現金が貰えるわけは無く、何かと理由を付けて手数料などの支払いを求められるか悪用されるかのどちらかですので絶対に手を出さないでください。

何かと理由を付けてお金を支払う羽目になる

今までは出会い系やスパムメールなどを使用した【富裕層からのお金支援をします】みたいなていで口座情報を抜いたり手数料などの支払いを求めるパターンが多かったのですが、優良在宅ワークでも同様に受け取るために手数料の支払いを求めてくる可能性が高いです。

もちろん手数料を支払ったからといってお金が貰える可能性は0%ですので手を出してはいけません。

いつの間にか犯罪者になる可能性もある

最近はこのような現金ばら撒きやSNSでのプレゼント企画と称してリストや情報を集める詐欺師が増えています。

その中でも悪質なのが【実際にプレゼント企画の応募者に現金を振り込む】というものです。

実際に現金が振り込まれるなら純粋に当たって問題ないのでは?と思う人もいるかもしれませんが、これには裏があり特殊詐欺で得たお金の飛ばし通帳(足がつかない使い捨ての通帳)として利用される危険性があります。

最近実際にあった事例では、

①現金プレゼント企画に当選しましたので口座情報を教えてくださいと言われ口座情報を教える
②実際に振り込まれるが、金額が多く、「間違えて多く振り込んでしまったので取りに行くから返して欲しい」と連絡を取り、ユーザーには迷惑料も支払う
③しばらくしてユーザーの家に警察が来て特殊詐欺に関わっているとして逮捕される

という事例が実際にありました。

つまりプレゼント企画で実際に振り込まれた金額は特殊詐欺で盗んだお金を振り込んでいたのです。

詐欺師はユーザーから現金を引き出させ現金で受け取る為、足がつきませんが、ユーザーは足が着き警察に突入されます。

つまり意図せずして特殊詐欺の受け子になってしまっていたということです。

このようなプレゼント企画を利用して詐欺師に利用されるユーザーが増えています。

そもそもありえないような話は信用してはいけません。

最近ではマルチミリオネアゴールドという案件も現金が当たったと称して口座情報を教えるように言ってくる悪質な詐欺案件です。

あわせて読みたい
マルチミリオネアゴールドは口座情報を抜かれる危険な案件!?その内容を解説【危険】 こんにちは!ダンレポート管理人のダン松本です。 今回はマルチミリオネアゴールドという案件について解説していきます。 結論から言うと、口座情報を提供する必要があ...

結論!優良在宅ワークは絶対に手を出すな!

という感じで優良在宅ワークについて解説しましたが、まとめると以下の通りです。

・誇大広告及び詐欺の可能性大
・個人情報を盗まれる危険性大
・犯罪に巻き込まれる可能性もある

上記の理由から絶対に手を出すべき案件ではありませんので注意してください。

お金は100%稼げないし貰えないので絶対に個人情報を教えてはいけません。

【ただお金を振り込む】ような案件は100%詐欺案件ですので注意してください。

ダンレポ 悪徳商材に注意

最近は巧妙な副業詐欺や危険な投資案件が増えてきていますので、もしあなたが気になっていたり購入を検討しているような案件があれば一度私に相談してみてください。騙される前に。

稼ぐために初期投資をしたのに、詐欺案件で逆にお金を失ってしまったという人の相談が後を絶ちません。

詐欺案件にひっかかってしまう前に相談して欲しいですが、それ以前にしっかり案件について調べることが重要です。

ギャンブルで大負けしてしまう人と一緒でお金に切羽詰まっていたり、余裕が無い時は普通の判断ができなくなるものです。

また高額なセミナーやツールを電話営業してくるような案件も同様に断りづらかったり、洗脳されて普通の判断ができなくなりやらかしてしまう人が結構いるのです。

なのでもしあなたが、気になっている副業系、稼げる系の案件があれば相談してもらえれば良い悪いのジャッジ、アドバイスができますし、本当の稼げるような優良案件も共有できますので何かあればお気軽に私に連絡してみてください。
(LINEのバナーから私に直接連絡できます)

1対1で相談に乗ります。

きっと力になれると思います。

それでは✋

ダン松本LINE追加①
ダン松本 LINE追加
目次