オンライン収入NEXTの口コミがヤバい?オンライン収入ネクストの詐欺相談の内容とは?【寺澤英明】【BPOINT PTE.LTD.】

オンライン収入NEXT

オンライン収入NEXT(ネクスト)はたった1ヶ月で上司の月給を超えられる!?

こんにちは!ダンレポート管理人のダン松本です。

今回は去年からずっとウェブCMで見かけるオンライン収入NEXT(ネクスト)について取り上げていきます。

寺澤英明という人物が公式プロモーターをしているこのオンライン収入NEXT(ネクスト)

結構ヤバい話なので、参加を検討されている方は是非足を止めて読んでみて下さい。

ダン松本LINE追加①
目次

オンライン収入NEXT(ネクスト)の概要

オンライン収入NEXT(ネクスト)は、第3のオンラインバブル市場で不労所得を作り出すという事で、

仮想通貨(暗号資産)市場で稼ぐことを目的とした投資案件です。

紹介される稼ぎ方は大きく分けて2つ、

1つが仮想通貨FXの自動売買システム【BTC NEXT KIWAMI(ビットネクストキワミ)

オンライン収入NEXT -BTC NEXT-

そしてもう一つ、こちらがオンライン収入NEXT(ネクスト)という案件のヤバさを語る上で重要な、

配当型コイン【Drop(ドロップ)】という新興仮想通貨です。

オンライン収入NEXT -Drop-

BTC NEXT KIWAMI(ビットネクストキワミ)については、

ビットコイン(BTC)と日本円(JPY)間の取引で勝率83%という公称スペックですが、

残念ながら私が持っている情報では、それほど稼げるとの情報はありません。

というか、オンライン収入NEXT(ネクスト)

BTC NEXT KIWAMI(ビットネクストキワミ)の話になる事がありません。

もし稼げているのであれば、もう一方の新興仮想通貨について幾らかでも救いがあるのですが、

残念ながらBTC NEXT KIWAMI(ビットネクストキワミ)の方では稼げているという話は無いので、

期待は持てません。

寧ろこのオンライン収入NEXT(ネクスト)で問題になっているのは、

毎月50万円の仕組み仕組みとなる新興仮想通貨の方です。

オンライン収入NEXT(ネクスト):Drop(ドロップ)の概要

Drop(ドロップ)という仮想通貨は、

所持しているだけで毎日配当が得られるという、

上場前の新興仮想通貨です。

新興仮想通貨と上場について

仮想通貨というのは次々と新しい通貨が生み出され、

世に出回るものから資金だけ集めてプロジェクトそのものが消滅するもの、

世に出回っても廃れるものなど様々ですが、

新しく立ち上げられた仮想通貨を新興仮想通貨と言い、

その資金の集め方などからICO・IEO・STOなどとも言われています。

仮想通貨というのは、株式会社の株式同様に市場に上場することで

不特定多数の方が売買取引出来るようになります。

それまでは発行元から直接販売されることとなります。

オンライン収入NEXT(ネクスト)で購入できるDrop(ドロップ)の特徴

オンライン収入NEXT(ネクスト)で購入できるDrop(ドロップ)

所有しているだけで毎日配当が発生する仮想通貨で、

上場前に発行元が売却する募集価格に対して

上場時には5倍の価格での上場が確定しているようです。

つまり、保有しておくことによる配当収入と、

上場後の売買差益の両方で稼ぐことが出来るとされています。

Drop(ドロップ)の上場先(仮想通貨取引所)は

ビットキャッスル(bitcastle)】という取引所を予定しているようですが、

このビットキャッスル(bitcastle)というのが、とんでもない業者です。

オンライン収入NEXT(ネクスト)セミナー受講者の末路

以降の話は、オンライン収入NEXT(ネクスト)セミナーを受講し、

残念ながら参加を決めてしまった方からの情報も踏まえ、

私が調査して知っていた情報を交えての話になります。

オンライン収入NEXT(ネクスト)が過去に売ったOrbit(オービット)に寄せられた口コミ

実はオンライン収入NEXT(ネクスト)は既に多大な被害(損害)を出しています

それがOrbit(オービット)

オンライン収入NEXT -Orbit-
オンライン収入NEXT -Drop-

そう、Drop(ドロップ)と同じ配当型コインです。

上記画像からお察しの通りで、実はこのOrbit(オービット)は、

元々このオンライン収入NEXT(ネクスト)で購入者を募集していた新興仮想通貨で、

2021年12月上場予定という事で募集を開始、

もし2021年中に上場しなければ全額返金保証を付けて購入者を募っていました。

しかし、持っているだけで配当が得られる打ち出の小槌なので、

上場直後に本気で売り逃げする人は発行元以外におらず、

上場直後に大暴落してほぼ無価値になりました。

当然、単価がほぼ無価値になった為、

配当を幾ら得たところで価値が無ければ意味もなく、

購入者の殆どは大損を抱えたまま塩漬け状態になりました。

その為、Orbit(オービット)を換金するにはどうしたら良いかという現実逃避にも似た相談とか、

Orbit(オービット)が大暴落して大損したのだが、返金してもらう事は出来ないか?とか、

Orbit(オービット)に騙されて全財産を失ったとか、

そう言った相談口コミがかなりの数ありました。

現在ではOrbit(オービット)ビットキャッスル(bitcastle)の取引通貨のリストにはありません。

オンライン収入NEXT -bitcastle-取引通貨リスト

それほどヤバいものと同等のものをオンライン収入NEXT(ネクスト)は売りつけようとしているんです。

ビットキャッスル(bitcastle)の黒歴史

オンライン収入NEXT -bitcastle-

Drop(ドロップ)が上場を予定しているビットキャッスル(bitcastle)は、

過去幾つものIEO詐欺と呼べるものに関わってきました。

ビットキャッスル(bitcastle)が関わったIEOのうち、

オンライン収入NEXT(ネクスト)の様に募集をかけていたのが以下のリスト。

  • ネオプラス(NEO PLUS)
  • ビーキャスト(BCAST)
  • JOINコイン
  • アイリストークン(IRIS)
  • オービット(Orbit)
  • ホロス(Horos)

いずれの銘柄も既にビットキャッスル(bitcastle)では上場廃止されていると思われますが、

中には一旦上場を廃止し、改めて新興仮想通貨として募集価格で再販したものもあります。

しかし、そのいずれもが上場直後に大暴落し、ほぼ無価値になった挙句、

取引自体が行われなくなったり

ビットキャッスル(bitcastle)不可解な長期メンテナンスなどにより、

二束三文になったお金すらも出金出来ないという事態に追い込まれています。

ここまでこうした詐欺レベルの新興仮想通貨を扱うこと自体が異質で、

通常であれば上場の際に厳しく審査があるはずですが、

何度も繰り返していること、そして何より、

ビットキャッスル(bitcastle)自体がcastle(キャッスル)というIEOを発行し、

同じような事をやっている為、

恐らくはグル、或いは親玉である可能性が高いと見ています。

だからこそOrbit(オービット)が2021年内に上場しなければ全額返金保証という

上場という確実性のないものに保証を付けることが出来たとも考えられます。

ビットキャッスル(bitcastle)はシンガポールの企業がIT化先進国のエストニアに設立した後、

日本人の関根義光氏(せきねもん)によって買収されています。

この辺りにかなり深い闇が潜んでいそうですね。

オンライン収入NEXT(ネクスト)のDrop(ドロップ)は危険な仮想通貨!?

以上の事から見ても、

オンライン収入NEXT(ネクスト)が販売するDrop(ドロップ)にどれだけ毎日配当があろうと、

上場時の推定価格で毎月50万円の収入が見込めようが、

他のビットキャッスル(bitcastle)が関与するIEOの様に

上場直後に売却処分する間もなく暴落してしまっては意味がありません。

今のところ、オンライン収入NEXT(ネクスト)の様に募集をかけていた先程のリストも含め、

ビットキャッスル(bitcastle)に上場した新興仮想通貨で順調にいったものは無いので、

Drop(ドロップ)も間違いなく同じ道を辿ると見ています

これは避けられないとかそういう話ではなく、

そもそもそういう風に仕組まれていると考えるべきです。

オンライン収入NEXT(ネクスト)公式プロモーターの寺澤英明氏

Drop(ドロップ)が危険な新興仮想通貨であるという事はお分かり頂けたと思いますが、

オンライン収入NEXT(ネクスト)の公式プロモーターである【寺澤英明】氏は

その事を見抜けていないのでしょうか?

それは以下のプロフィールの一文を読むことで推察することが出来ます。

オンライン収入NEXT -寺澤英明プロフィール-

テクニカルアナリストの資格を持つ敏腕コンサルタントとして活動しているとありますが、

もしそれが本当であるなら、素人である私でさえ容易に知ることが出来ている

ビットキャッスル(bitcastle)の危険性に気付かないハズがありません

つまりは、知っていてこの悪事に手を染めているか

またはこの経歴そのものが詐称であるかのどちらかという事になります。

どちらにしても結局はDrop(ドロップ)の危険性を知った上での話であると言えます

オンライン収入NEXT(ネクスト)と裏で繋がっているであろう別のヤバい案件

オンライン収入NEXT(ネクスト)がヤバい案件だという事は分かったと思いますが、

LINE追加時に同じような、しかもかなり特徴的な内容の案件があります。

それが【デジタル権利収入】。

デジタル権利収入

このデジタル権利収入に関してもかなり闇が深そうというか、

実際にやってみた人の話では本当にヤバい案件みたいです。

その聞いた話の内容も載せてるので、興味があったら見てみて下さい。

では、そのLINE追加時の内容がどれだけ似ているのか、

比べてみて下さい。左がオンライン収入NEXT(ネクスト)で、右がデジタル権利収入のやつです。

デジタル権利収入 オンライン収入NEXT LINE比較

比較しやすいように一部切り並べてますが、

これで全く無関係とは言い逃れ出来ないですよねw

さらに、オンライン収入NEXT(ネクスト)と同じDrop(ドロップ)の販売を目的とする

早期リタイア支援プロジェクトFIREという案件もあります。

FireDrop

↑の記事も読んで頂くと、よりDrop(ドロップ)コインの危険さ、

そして寺澤英明氏のオンライン収入NEXT(ネクスト)の危険さもより分かるかと思います。

オンライン収入NEXT(ネクスト)まとめ

以上の事から、既にOrbit(オービット)という被害実績を持ち

且つさらにあまりにも危険すぎるDrop(ドロップ)を紹介している

オンライン収入NEXTは参加すべきではないと判断しています。

こうした既成事実があるので、

情報の少ないBTC NEXT KIWAMI(ビットネクストキワミ)に関しても

信用に値するツールと解釈するには無理があると考えています。

騙されてからでは遅い、これはオンライン収入NEXT(ネクスト)に限らず

様々な悪質な投資案件、副業案件に言える事です。

オンライン収入NEXT(ネクスト)についてはセールスページが日々新しくなったりしているので、別の案件名での誘導も懸念されます。(LINEの案内はほぼ同じような感じ)

多くの悪質な副業案件でも言っている、

副業をしなければならない時代というのはあながち嘘ではありません。

所得は上がらないのに物価も税金も上昇する一方。

つまりは自分で稼ぎを増やすしかないという事です。

本当に稼げる方法を知りたいけど自分ではどれが本当なのか分からない、

どんな稼ぎ方があるの分からないという方はご相談ください。

ネットでの稼ぎ方、教えますよ。

ダン松本LINE追加①
ダン松本 LINE追加
目次