ネオLANDオーナー(合原和也)は詐欺?ゲームで不労所得は実現する?

ネオLANDオーナー

合原和也のネオLANDオーナーは独占市場で先行者利益を得られる??

こんにちは!ダンレポート管理人のダン松本です。

NFTメタバースGameFi

3つの分野を掛け合わせた世界初の稼ぎ方という

ネオLANDオーナーという大口案件が出回っています。

中々興味をそそる話だったのですが、

私はもし参加することになるとしても今ではないと判断しました。

その理由や判断に至った経緯について解説してきます。

ダン松本LINE追加①
目次

合原和也のネオLANDオーナーの概要

ネオLANDオーナーは、

ネオLANDオーナー 一撃収入×継続収入

結構難しい話なので簡単に要約すると、

一撃収入を狙えるNFTと、継続収入を狙えるメタバースGameFiという、

何れも投資対象として注目されていて簡単に億を狙えるような仕組みを

3つも搭載した世界初のゲームを作ったから、

それで稼いでみない?という話です。

私自身も内容によってはちょっと気になるなぁという話なので、

興味や関心を持った方も少なくないのではないでしょうか?

まともそうに見える話ほど、話がややこしくなってしまうので、

なるべく要点を絞って解説していきますね。

まずはNFTメタバースGameFiって何ぞや?

という方の為に簡単に説明します。

NFTって何?

NFTというのは非代替性トークンと言って、

専門用語を多用しないと説明が難しいのですが、

なるべく簡単に言うと、所有権利証明書付きの電子データみたいなものです。

NFTと言えばデジタルアート作品が代表的な例で、

NFT=デジタルアート作品と認識している人もいるのではないでしょうか?

ただのデジタルアート作品だと、幾らでもオリジナルと同じデータを複製することが可能ですが、

これにブロックチェーンに保存された所有者データなどを付け加えたもので、

ブロックチェーンは歴史(過去に起こった事実)と同じで改ざんが出来ないので、

独自性を保つことが出来るわけです。

但し、著作権が所有者に譲渡されるわけではないので、

その作品の作者が複製してNFT化した場合は同じ見た目のNFT作品が複数存在するという、

独自性の意味を疑いたくなるような事も出来てしまいます。

それじゃぁ一品ものじゃなくてシリアルナンバー付きの限定品って感じですね。

最近では詐欺や悪徳商法に悪用されることも多くなったりと、

色々な問題点を指摘されているので将来性に不安があると言える状況にあります。

メタバースって何?

メタバースというのはバーチャル空間上の他人とコミュニケーションが取れる世界の事です。

自分の分身(と言っても容姿はある程度自由に変えられる)となるアバターを使って、

そのバーチャル世界でもう一つの生活を体験出来るというものなので、

オープンワールドのオンラインゲームなんかもメタバースに分類されます。

マインクラフトあつ森APEXフォートナイト荒野行動などなど、

メタバースという言葉の意味を知らずともメタバースに触れている方も多いと思います。

GameFi(ゲームファイ)って何?

GameFi(ゲームファイ)というのは、ゲームを通じて

リアルの金融価値のあるものを生み出すビジネスモデルの事で、

ゲーム内で仮想通貨を報酬にしたり、ゲーム内アイテムやキャラクターなどをNFTとして

取引したりすることで、ゲームで実資産を構築することが出来るというものです。

ゲームソフトを購入したり、サブスクとして月額料金が掛かったりと、

お金を払ってゲームをするという事が常識でしたが、

色んなゲームで禁止されているRMT(リアルマネートレード)と違い、

コンセプトから金融資産価値のあるものを取引できるという点から注目されています。

ネオLANDオーナーに登録してみた

ネオLANDオーナーの詳細を知る為に取り敢えず登録してみました。

だいぶ話が長かったので、簡潔に要約すると、

ネオLANDオーナー 3つの収入源
ネオLANDオーナー 3つの柱

この様な3つの収益源を搭載した世界初のゲーム

ネオLAND BALLET CHAIN

この【BALLET CHAIN】というゲームの先行者利益を獲得出来る権利を買わないかという話でした。

ネオLANDオーナー トークン上昇率

トークンに関しては上図の様に34倍とか150倍とか1万倍とかになったとありますが、

それはあくまでもピーク時の話。

そこから1/2~1/3まで下落している事に関しては触れていません。

と言っても最初の価格と比べれば大幅な上昇という事には間違いありませんが、

これはあくまでも成功例であり、失敗した例も沢山存在します。

また、メタバース上の不動産に関してですが、

確かにそのメタバース自体が価値を認められればそれなりの価値を維持できるかもしれませんが、

リアル世界の様に物理的に有限な土地とは異なり、

バーチャルの世界ではその世界に土地を追加する事も可能ですし、

他のバーチャル世界を新たに構築する事も可能です。

つまり、理論的には無尽蔵に作り出す事の出来るものなので、

投資対象として物珍しさのある今は良くても、

今後乱立されるであろうメタバースの世界では有限であるリアルとは違い、

価値を維持し続けることすらも難しくなってくるのではないかと見ています。

しかしこの【BALLET CHAIN】が、本当に謳っている通りに利益を獲得できるものであれば、

それなりの価値は付いてくるでしょうね。

ネオLANDオーナーに参加しようと思わない理由

ここまでの話だけで言えば、参加しても損はないのでは?と思うかもしれませんが、

ちょっとややこしいですが考えてみて下さい。

仮に先行者だけが利益を得られる仕組みだった場合

もし先行者利益という事で先行者だけが利益を牛耳れるとしたら、

後発組はただ先行者のカモにされるだけ。

それでこのゲームをやってみたいと考えるでしょうか?

そうした場合、流行らないという事になり、

売却益を得たい人だけが取り残され、買い手が付かないという事態に陥ります。

そうなると

手放す為の値下げの連鎖が起こり市場が崩壊する事態に陥るでしょう。

後発組も利益が得られる仕組みの場合

ではその逆に、後発組でもしっかりと利益を獲得出来る仕組みが構築されているとしたらどうでしょうか?

仮想通貨やP2P案件でも証明されている通り、

人間というものは目新しいものに対しては懐疑的な目で

とりあえず様子を見るという人の方が圧倒的に多いです。

未開の土地は誰かが安全を確認してからでないと踏み入れたくないという心理ですね。

確かにネオLANDオーナーという案件が仮に確実に実現可能なものであれば凄いです。

ですがもし流行らなかったら?

利益を確定させたい先行者がどのような行動に出るかは先程の例で分かりますよね?

なので安全性が確認出来てからでも遅くはないというのが私の考えです。

このネオLANDオーナーが大成功を収めるとしたら先行者になった方が良いですよ。

それは間違いない事ですが、それは結果論であとから付いてくる話。

果たして本当に大成功を収めるかどうかは別の話で、

一種のギャンブルです

確実に貰える10万円と、1割の確率でもらえる100万円ならどちらを選ぶか、

という話のようなものです。

これが完全に無料であるのなら、ギャンブルに出ても良いかもしれません。

先行者になるのは無料ではない

このネオLANDオーナーという案件の為に開発されたという【BALLET CHAIN】。

ネオLANDオーナーBALLET CHAIN無料

この様に、BALLET CHAINは完全無料で遊ぶことが出来るとあるのですが、

ネオLANDオーナーの先行者になる為には、

ネオLANDオーナーBALLET CHAIN有料

とある通り、プレセール枠で特別価格が設定されているという事になります。

つまり、一般公開では完全無料ではなくプレセール価格よりも大幅に高い金額を払わないと、

ネオLANDオーナーにはなれない、

という事は、先行者にならないと利益を得る仕組みは利用出来ないという事になりますよね。

という事は?

先程考察した様に、完全無料で遊べる一般プレイヤーは利益を得られない、

先行者しか利益を得られないという仕組みである可能性が、

相当高いという事になります。

ちょっと言葉では分かり易いように説明がしづらいのですが、

この理屈はお分かり頂けたでしょうか?

完全無料で遊べるにも拘わらず、有料の枠が存在する、

つまりお金を払うだけの価値がある枠という事ですから、

その枠は有益な枠だけど、無料参加は無益だよと言っているようなもの、

という事です。

後発組が稼げない仕組みなのであれば、先行組として参加する意味が無い

後発組でも稼げるのであれば、リスクを冒してまで有料で参加する意味が無い

つまり、このネオLANDオーナーに有料で参加する理由が無い

というのが私の結論です。

ネオLANDオーナーは既にプレセールを実施していた

そういうわけでネオLANDオーナーのプレセールどころか

有料で参加する理由が無いとの結論に至ったわけですが、

実はこの案件は以前にも出ていて、その際に別な理由でも参加を見送る判断に至っています。

今回は合原和也という人が募集をかけている体裁ですが、

4月に既に合原和也を責任者として陰に置き、

坂本よしたか】と【土屋ひろし】の2人を表に募集をしていたことがあります。

特に【坂本よしたか】に関しては、数々の悪徳なネットビジネス案件に関わっていて、

悪い意味での知名度が高い人物です。

自分が稼ぐことに関してはかなり優秀ですが、

他人を稼がせることに関してはからっきし、

というより、他人を食い物にして稼いでいるようなものです。

自分の名前が災いして参加者が少なかったから責任者の合原和也を表に出したのか、

何故坂本よしたかが表から消えたのかは分かりませんが、

プレセールは既に2回目、つまり1回目にプレセールは今だけと言ってたのは嘘という事になります。

ネオLANDオーナーは詐欺なのか?

では、ネオLANDオーナーは詐欺なのか?

私的には詐欺とは言えないかなと思っています。

先行者利益を獲得できる権利として値段を付けているわけで、

それが本当に先行者特権の莫大な益を獲得出来るのか、

それとも市場崩壊が起きて損失になるのか、

それは蓋を開けて見ないと結果は出ない事になりますが、

私の見通しとしては先行者特権としての莫大な利益というのは見込めないと考えています。

見込めたとしても多少の利益、有料で権利を得るというのは

かなり博打性が高いと見ています。

本当に注目されるものであれば、後発でも十分な利益を見込めると思いますので、

有料参加は必要ないという判断ですね。

ネオLANDオーナーまとめ

そういうわけで、ネオLANDオーナーへの有料での参加はしない方が得策と考えています。

こういった先行者利権の有料販売というのは、

大抵大損して終わる事が多いです。

その理由は、一番上手くいった場合の話で事を進めていくから。

理想論と現実ではかなりの乖離があるので、

余程確実性のある根拠でもない限り、乗らない方が身の為です。

ダンレポ 悪徳商材に注意

世の中には事実と明らかに異なるような謳い文句で広告し、

粗悪な情報商材・システム・ツールなどを販売する

悪徳な副業案件が沢山出回っています。

私の体感では95%以上、1日平均3~5件は新しいものが出てきています。

その全部をブログに取り上げることは出来ないので、

ブログで取り上げていない副業案件で気になるものがあれば

被害に遭う前にLINEで相談してください。

本当に稼げるネットビジネスも教えます。

ダン松本LINE追加②
ダン松本 LINE追加
目次