白沪与荐(白沢)のデジタル権利収入は詐欺?YouTube広告に出てくる怪しい副業の口コミは?

デジタル権利収入

こんにちは!ダンレポート管理人のダン松本です。

YouTube広告の副業案件って怪しいものばかりですよね!

今回はその中でも長期に渡って宣伝を続けている、

デジタル権利収入】について取り上げていきます。

提唱するのは、

インフォトップ殿堂入り商品“フォローマティック”の名を継ぐ天才と称する

白沪与荐】という人物。

このデジタル権利収入というのは、

既に参加者の方からある程度話は聞いているのですが、

稼げないみたいです。

聞いた限りではハッキリ言って難しいし、

権利収入と言うには程遠い内容です。

ダン松本LINE追加①
目次

デジタル権利収入とは?LP概要

デジタル権利収入は、新興市場の特需による新しい仕組みを利用して、

毎月30万円も可能な権利収入の秘密を

動画講義とワークショップで完全無料公開する、という案件です。

副業をお探しの方は一度はYouTube広告で見たことがあるのではないでしょうか?

デジタル権利収入 特徴

初期費用もゼロ即日から報酬が発生するスキル不要権利収入って凄いですよね。

誰でも心の奥底では理想とするような条件が揃っているのではないでしょうか?

私もそんなのが本当にあるならやりたいです。

労働収入と権利収入の違いについてまとめた表もあって、

デジタル権利収入 労働収入と権利収入

私自身も権利収入みたいなのを目指して経営者になったつもりなんですが、

経営者は決して自由じゃなかったですね、何もかも、やらなきゃ成り立たない。

権利収入と言えばMLM(ネットワークビジネス)の常套句ですが、

MLM(ネットワークビジネス)も結局経営と変わらないです。

でも、そういう類ではないみたいですね。

デジタル権利収入 こういうのではない

上記を否定しつつ、

デジタル権利収入 こういうもの

この様な特徴があると。

でもその詳細については明かしてはくれなさそうです。

続きはWEBでは見せてくれないようで、無料講座に参加しないと教えてくれないようです。

だがしかし、私は知っている。続きはLINEで個別に…

なんてケチな事は言いません。私に寄せられた口コミとして、その内容を暴露します

デジタル権利収入に関して聞いている口コミ

このデジタル権利収入白沪与荐がシステム化した、

NEXT GENERATION SYS(ネクストジェネレーションシステム)は、

名前こそ違うものの同じシステムを利用した方から既に話を聞いています。

システム名を『B-Yon(ビヨンド)』と『N-EXT(ネクスト)』としていた時の話ですが、

権利収入の発生源はデジタル書籍

Amazonなどでデジタル書籍を出版し、

その印税を得るというものです。

「え!?そんなスキル不要って書いてあるのに作文能力が必要じゃん!?」

安心してください、そんな方の為にあるのがゴーストライターです。

つまり、他人が書いた原稿を自分の出版物として出せば、

権利収入になるよねって話、なんですが!

現実は甘くなかった

セミナーに参加して初めに話を聞いた時は、

当然テンションも爆上げで凄い話として聞いているので、

冷静な判断が出来るハズも無く、流されるように契約してしまいます。

ですが知名度のある人物や話題性のある人物のゴーストライターをやるなら話は分かります

ネームバリューがあった方が売上が期待出来ますから

ですが知名度も話題性もない一般人がゴーストライターを募って、

手を挙げる人っています?いないですよね。

それだったら自分の書籍として出版した方がよほど利口ってものです

赤の他人の利益のために自分の時間を削って代筆してくれる人なんていません

なのでゴーストライターの線は無理。

結局自分で書籍を書いたとしても、売上なんて期待出来ません。

「やっと1件売れた、嬉しい。」

それで書籍を書き上げる時間は報われるでしょうか?

売上を作る為に次から次へと書き上げ、出版しての繰り返し。

延々とその作業に追われ続けても収入は雀の涙。

システム費用の回収すら、今のペースでは寿命が持たない…。

権利収入なんて夢のまた夢だった…。

これが参加した人から聞いた内容、そして結末です。

デジタル権利収入のLINE追加したら…

デジタル権利収入に関しては既に内容まで聞いているのですが、

とりあえずLINEに登録してみたら面白い繋がり?を見つけました。

オンライン収入NEXTという、仮想通貨の案件があるのですが、

それとLINE追加後のパターンが酷似w

あとから改めて触れますが、この権利収入を得る為のシステムの名前も

NEXT GENERATION SYS(ネクストジェネレーションシステム)なので、

繋がってないと思う方が無理があります。

その内容が↓の画像、左がオンライン収入NEXTで、右がデジタル権利収入のやつです。

デジタル権利収入 LINE比較

比較しやすいように一部切り揃えてますが、そっくりですよね。

オンライン収入NEXTも結構長く募集をかけてますが、

仮想通貨系の商材を変えて長い事悪行を繰り返してます

オンライン収入NEXT

👆こっちも結構ヤバい事やってるので、是非読んでみて下さい。

デジタル権利収入の内容は知って尚且つ、

こういうところで更に闇を知ると余計に恐いですね。

デジタル権利収入は詐欺?白沪与荐は詐欺師?

デジタル権利収入は、“電子書籍の出版によって印税を得る”という情報を得ることは出来ます。

しかし、システム自体がお話ししたように致命的な落とし穴があるので、

このシステムを使って権利収入を得るというのはMLMで成功するより難しいと思います。

事実誤認という事で争う事は出来るかもしれませんが、

情報やシステムの提供自体は実際にあるので、

詐欺として成立するかどうかは微妙かと思います。

かと言って詐欺じゃない=良い副業ではないですからね。

詐欺とは言えずとも悪質な副業案件は沢山あります。

白沪与荐?白沢麗輝?白沢式?白沢色?

さて、NEXT GENERATION SYS(ネクストジェネレーションシステム)の開発者、

白沪与荐という人物ですが、

このデジタル権利収入という案件が出てから確認出来ているだけで2回、

その前身となる案件でもなので少なくとも3回名前が変わっています

ロイヤルシステム(Royal System)では白沢色

はじめは“デジタル権利収入”ではなく、ただの“権利収入”として宣伝していたのが

ロイヤルシステム(Royal System)』で、

その時は【白沢色(しろさわよしき?)】と名乗っていました。

デジタル権利収入maticでは白沢式

その後、案件の名前を“デジタル権利収入matic”とし、

システムの名前を『B-Yon(ビヨンド)』、

そして当人は【白沢式(しろさわよしき)】と名前を変えています。

N-EXT(ネクスト)では白沢麗輝

さらにその次には案件名をシステムと同じに戻した

N-EXT(ネクスト)』に変更し、

自身の名前も【白沢麗輝(しろさわれいき)】に変更、

もはや【よしき】という名を捨てたのか、キラキラネームで【よしき】と読むのか、

分からなくなっています。

そしてデジタル権利収入で白沪与荐

そして今回の“デジタル権利収入”では、

システム名を『NEXT GENERATION SYS(ネクストジェネレーションシステム)』とし、

自身の名前は【白沪与荐】としています。

調べてみたのですが、『』という字は“濾過(ろか)”の“”の簡字体で、

さわ”とは読みません。

また、【白沪】も【白濾】も日本の苗字には存在しないようです

おそらく“”に似た漢字として“”という字を当てただけですね

名前の“”という字は訓読みで“しきりに”と読むので、

与荐は“よしき”と読むものと考えられます。

名前を変えることが意味することは?

この様にシステム名も自身の名前もコロコロと変更しているわけですが、

何故そんなに変更するのか?疑問ですよね。

考えられる理由は簡単です、検索されたくないからです。

例えばただ怪しいというだけの情報がネットに出回ったとして、

実際はやましい事が無いのであれば、『白澤』でも『城沢』にしても良いですし、

よしき』という名前なんて漢字は沢山あります。

それに変えるだけで良いハズですが、

わざわざ読めない漢字、終いには在りもしない苗字にしているという事は、

そもそも調べるという行為自体をさせたくないという意図が見て取れます。

白沪』なんて検索されたらすぐに検索に引っかかりそうな苗字を敢えて使うほど、

そもそも検索という行為自体されたくない『裏』があるという事です。

白沪与荐のデジタル権利収入まとめ

という事でいかがだったでしょうか?

白沪与荐が開発したNEXT GENERATION SYS(ネクストジェネレーションシステム)

致命的な落とし穴があるにも拘わらず、

それをあたかも存在しないように説明して高額なシステム料を徴収する

名前をコロコロと変えるのは当然ですね。

また、名前を何度も変えてでも同じことを繰り返すという事は、

それだけこの話に騙される人が多いという事です

息の長い副業案件はこのように安全で安心だから長く続くとは限らないのです。

騙されないようにくれぐれもご注意下さい。

判断に迷ったり、稼げる副業が見つけられない、

何をしたら良いのか分からないという方はお気軽にLINEでご相談ください。

ダンレポ 悪徳商材に注意

世の中には事実と明らかに異なるような謳い文句で広告し、

粗悪な情報商材・システム・ツールなどを販売する

悪徳な副業案件が沢山出回っています。

私の体感では95%以上、1日平均3~5件は新しいものが出てきています。

その全部をブログに取り上げることは出来ないので、

ブログで取り上げていない副業案件で気になるものがあれば

被害に遭う前にLINEで相談してください。

本当に稼げるネットビジネスも教えます。

ダン松本LINE追加①
ダン松本 LINE追加
目次